ぎっくり腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰によくある症状

  • 身動きが
    取れないほどの
    腰痛に襲われた

  • ぎっくり腰を
    繰り返している

  • ぎっくり腰への
    恐怖心が
    取れない

  • もしぎっくり腰
    になったら
    どうしたら
    いいのか不安

わたしたちの生活の身近にある腰痛、ぎっくり腰

動けない程の腰痛が急に襲ってくる・・・

そんな恐怖の腰痛が、ぎっくり腰です。

 

日常で行う何気ない動きが、ぎっくり腰の引き金になってしまうケースは多くあります。

そして一度発症すると、「また痛むのでは?」と恐怖心を抱いてしまう方も少なくありません。

 

ぎっくり腰はどうして発症するのでしょうか。

また、予防する方法はあるのでしょうか。

ぎっくり腰でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

突然やってくる激痛。ぎっくり腰の原因は?

わたしたちの生活の中では「ぎっくり腰」という名称で知られる、激しい腰痛。

そんなぎっくり腰には「急性腰痛症」という正式名称があることをご存知でしたか?

名前のとおり、急な激痛が腰を襲うことが、ぎっくり腰の特徴的な症状です。

 

 

◆ぎっくり腰の原因とその症状

 

ぎっくり腰の詳しい症状は、「急な激痛が腰に走る」という風にご存知の方も多いでしょう。

一方、あなたはぎっくり腰が起こるハッキリとしたメカニズムについて知っていますか?
実は、ぎっくり腰の原因は、未だに解明されていないといわれているのです。

腰やその周りには、関節や筋肉・その他にも多くの組織が存在しています。

それらが何かしらの損傷を受けると、ぎっくり腰になってしまうという考えもあります。具体例をみていきましょう。

 

・組織の損傷

先ほどもご紹介したように、腰や背中周りには筋肉・関節・筋膜などのたくさんの組織があります。
それぞれがしっかりと動作することで、腰の働きも上手く成り立っているといえるでしょう。
そこで無理な動きを取ったり、筋肉などへの負担が蓄積されることで、組織が損傷してしまうことがあります。
これがぎっくり腰の原因となる事もあるでしょう。

 

・組織の老化

ぎっくり腰は、若い人よりも中高年層の方々に発症しやすいといわれています。
加齢によって、腰や背中周辺の組織も老化していくことが考えられているからです。
また、長年の疲労が蓄積し、筋肉などの組織に負担がかかっていることも考えられるでしょう。
こうした「組織の老化」も、ぎっくり腰の原因の1つです。

 

◆ぎっくり腰が発症しやすい場面

 

よく知られていることが、「ぎっくり腰は、日常生活での動作がきっかで発症すること」です。
まさかこんな動きで発症するなんて、と驚く方も多いものです。

次に、ぎっくり腰が起きやすい場面についてご紹介します。

 

・地面に置いてある重い荷物を持ち上げるため、中腰になった
・朝の洗顔時に、洗面台で前かがみになった
・立ったままの姿勢で大きなくしゃみをした
・後ろを振り返ろうと、上半身をひねった

 

ぎっくり腰は予防できるもの?回復までの期間は?

ぎっくり腰は一度発症してしまうと、繰り返してしまうケースも少なくありません。

そのため、なんといっても予防が大切といえるのです。

それではぎっくり腰を予防するためには、どんなことができるのでしょうか。日常生活に取り入れられる方法について、見ていきましょう。

 

 

◆ぎっくり腰予防法とは

 

・寝方を改善

あなたは普段どんな姿勢で就寝しているでしょうか?
「楽だからうつ伏せで寝ている」という方も、実は少なくありません。
このうつ伏せの姿勢は、腰に大きな負担がかかってしまう格好の1つ。

可能な限りうつ伏せでの睡眠は避けて寝るようにしましょう。
またマットレスなどの寝具を「硬めの物」に変更することも、腰にとって良い場合があります。

 

・起床時に飛び起きるのを控える

朝起き上がるとき、飛び起きてしまう方がいらっしゃいます。
ですがこのように「寝た状態から跳ね上がる」ことは、ぎっくり腰になる原因の1つでもあります。
起床する際には、身体を横に向けた後に手を付けて、ゆっくりと身体を起こしましょう。

 

・地面から重いものを持ち上げるときは、特に注意

ぎっくり腰を予防する上で特に注意したいことが、「足元に置いてある重い荷物を持ち上げる際の、中腰姿勢」です。
この姿勢は腰に大きな負担がかかってしまいやすく、ぎっくり腰を発症する原因ともなり得ます。
荷物を持ち上げるときは、膝を曲げて足を使うイメージで動くことが大切。
また、身体全体を荷物の方に近づけるように、荷物を持ち上げてみましょう。

 

・洗面台での洗顔時も、姿勢に注意

朝起床した後に、顔を洗う方も多いでしょう。
この時に「腰だけを使う前傾姿勢」は腰に負担がかかりがちになります。
台を使って高さを出したり、両足を広げて膝を曲げたり、腰に優しい姿勢で洗顔するようにしましょう。

 

◆ぎっくり腰が良くなるまで、どのくらいかかる?

ぎっくり腰が改善するまでの期間は人それぞれで、一概に何日と断言はできないことがほとんどです。
ですが、一般的には「痛みが強くて動けない期間」は3日程度で、その後にだんだんと痛みが弱くなっていくといわれています。

 

Haru整骨院【ぎっくり腰】アプローチ法

ぎっくり腰も基本的には腰痛と同じになります。

ただ腰痛と違うのは内臓疲労などや姿勢不良などで筋肉が異常に硬直し、その状態から急に動いた際に限界を超え筋膜や腰の関節の膜が破けて炎症が起こる状態です。

ぎっくり腰は動ける範囲が決まっているので、問診や症状の確認は最小限で施術に入ります。

まず必要であれば筋膜の施術から入り、カイロプラクティックのアクティベーターを使って骨格矯正し自律神経を整えます。

その後にオステオパシーによって一番問題を起こしている場所にアプローチ。

痛みは根本部分の改善が行えていないと、すぐに元の状態に戻ってしまうのです。

 

ただ痛い部位にマッサージしていても芝生の上の草を刈っているに過ぎません。

ハル整骨院の矯正は、草の根っこ(根本)の部分から改善することを目指します。

 

オステオパシーの矯正は草の根っこ(根本)から変えていく施術法です。

場合によってはストレスも関係していることもあります。
その場合は、心身条件反射療法という施術でストレスや脳の誤作動を改善していきます。

施術後、必要な方には食生活の指導筋肉の体操や姿勢指導または神経学を用いた簡単なセルフケアをアドバイスさせていただき、日常的にも改善・予防できるようサポートさせていただきます。

著者 Writer

著者画像
小窪 一二晴(こくぼ かずはる)
1980年2月22日生まれ
O型
趣味は治療の勉強
ゴルフ
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:Haru整骨院
住所〒196-0032 東京都昭島市郷地町1-6-19 石田ビル1階
最寄:青梅線 西立川駅から徒歩10分
駐車場:駐車場あり(2台分)
                                 
受付時間
9:00〜
13:00
-
15:00〜
20:00
- -
●定休日:日曜、水曜日13:00〜(祝日は営業しています)
交通事故施療の場合は事前予約により21:00まで