アレルギー症状でお悩みの方へ

アレルギー症状によくある症状

  • 花粉症がつらい

  • 長年アトピーと付き合っている

  • 薬を飲む以外にもできることを知りたい

  • 毎年アレルギーで悩まされて
    いる

つらいアレルギーの諸症状にお悩みではありませんか?

花粉症やアトピーなどの「アレルギー症状」に悩まされている方は少なくありません。

 

くしゃみが止まらない・鼻が詰まる、皮膚のかゆみや湿疹を繰り返している・・・

など、アレルギーで見られる症状は非常につらいものといえます。

 

そんなアレルギー症状は「薬で治すもの」とお考えの方も少なくないでしょう。

ですが、アレルギー症状は全身を整えることでも改善が期待できます。

 

まずはアレルギー症状のしくみや、

具体的症状、改善・軽減の方法などについてみていきましょう。

アレルギー症状でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

そもそもアレルギー症状ってどうして起こるの?

 

「アレルギー」と一言で言っても、その種類にはさまざまなものがあります。

また、そもそもアレルギーがどのようなものかを知らないという方も多くいらっしゃるでしょう。

こちらでは、アレルギーの症状と原因について掘り下げてご紹介していきます。

 

◆アレルギー症の原因とは?

 

アレルギー症状とは、身体の免疫反応に関連した症状の1つです。

具体的には、1つの物質に対して身体が過剰に反応してしまう状態のことをいいます。

この「免疫」とは、身体がウイルスや細菌から自分自身を守ろうとするためのシステム、ということができるでしょう。
この免疫に関連したしくみが過剰にはたらいてしまうことで、アレルギーが起こる、ともいわれています。

たとえば、身体には無害といわれている「花粉」などに過剰に反応してしまった場合、身体は花粉に対する攻撃を行います。
そうして結果的には、身体によくない症状が起こってしまい、花粉症のようになってしまうのです。
これが、アレルギーの大まかなしくみといえるでしょう。

また、アトピー性皮膚炎もアレルギーの1種と考えられるでしょう。
本来攻撃しなくて良いはずの物質にも、過剰に反応してしまう事で「アトピー性皮膚炎」が起こるともいわれています。

 

◆アレルギー症状はどんなときに起こりやすい?症状は?

 

アレルギーによって起こる症状には非常にさまざまなものがあります。

アレルギーが起こる仕組み・原因については上記でお伝えしましたが、その結果として現れる症状は1種類ではありません。

こちらでは、アレルギー症状の具体例についてご紹介します。

 

・皮膚の症状

たとえばアトピー性皮膚炎では、皮膚の炎症が見られることが多いといわれています。 具体的には皮膚のかゆみや湿疹です。
一時的に良くなる・悪くなるといった状態を何度も繰り返すことも特徴の1つです。
1度発症すると、簡単には治りにくいケースが多いようです。

《起こりやすい場面》

皮膚への物理的な刺激によって、これらの症状が出ることがあります。
ダニやハウスダスト、石鹸や金属といった科学物質が原因となることも。
また、皮膚を掻きむしったり強い刺激を与えたりすることで症状が出るケースもあります。

 

・鼻水・くしゃみ・目のかゆみ

これらは花粉症の方に多くみられる症状です。
鼻水が出て鼻が詰まり、くしゃみが止まらない、そんな症状によって日常生活にストレスを抱えてしまう方も多くいらっしゃいます。

また、鼻水・鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎の症状意外にも、目がかゆい・涙が出るなどの症状が出るといったケースも珍しくありません。

《起こりやすい時期》

花粉が飛散しやすい時期に起こりやすいといわれています。

基本的にピークは2月から4月の間とされていますが、5月になっても花粉症の症状に悩む方は少なくありません。

 

アレルギー症状を改善・軽減するにはどうしたらいいの?

 

アレルギー症状が出ると、「どうしたら症状が改善されるの?」と悩まれる方も多いでしょう。

そして、アレルギーの症状は「薬で治すもの」、「薬を使わなければ改善されない…」というようにお考えの方も少なくありません。

もちろん専門機関を受診して、根本的な改善を目指すことも大切です。

しかし、アレルギー症状を改善・予防するために日常生活の中でできる工夫も多く存在します。

こちらでは「アレルギー症状」の対策・予防についてご紹介していきます。

 

 

◆アレルギー症状を予防・対策するための方法は?

 

・規則正しく、バランスの良い食生活

アレルギー症状を軽減することに、「規則正しい食事」も効果的であるといわれています。
お菓子ばかり食べてしまったり、ついつい暴食してしまったり・・・。
そんな方は、栄養バランスや食事の時間を見直して見るのも1つの手段といえるでしょう。

 

・生活習慣を改善する

たとえば遅くまで起きていることが習慣になっている方は、早寝早起きを心がけることもよいでしょう。
生活習慣を改善することで、体調の管理にも良い影響をもたらします。
常に体調を整えておくことで、アレルギー症状の軽減にもつながるでしょう。

 

・花粉症の場合

外出から帰宅する際に、家に入る前に花粉を払い落とすのも、アレルギー症状の予防の1つです。
室内に花粉を持ち込まないようにするのはもちろんのこと、窓を閉めるなどのひと工夫も有効となるでしょう。
また、外出の際には「ツルツルした服」を着用するのも1つの手です。
できれば、花粉が付きにくい素材のアウター等を着るようにしましょう。

 

・アトピー性皮膚炎の場合

アトピー性皮膚炎では、皮膚のバリア機能が低下してしまっているケースが多くみられます。
そのため乾燥や炎症・かゆみなどの諸症状を、より引き起こしやすい状態なのです。
そんなお肌には、なんといっても「正しいスキンケア」を習慣化することが大切といえるでしょう。
たとえば、 「石鹸を良く泡立てる」「肌を傷つけないように泡で洗う」「洗った後はしっかりと洗い流す」「お風呂の後は早めに保湿する」 などが挙げられます。

 

Haru整骨院【アレルギー症状】アプローチ法

アレルギーは本当に多くの種類があり、ハル整骨院にご来院の方で特に多い症状が花粉症になります。

どのアレルギーもそうなのですがまずラングテクニックというものを用いて体内に寄生虫がいるかどうか検査し、いれば特殊な電気を使用して消滅を図ります

この寄生虫がいるとそのあとにおこなう施術をしても元に戻り、症状を繰り返してしまうためです。

次に、7つのいずれかの種類のウイルスを検知し、これも無くしていく施術を行います。そして、アレルギー反応を改善するための検査と施術をおこなっていきます。

 

この施術はレーザーを首の後ろの特別なツボに当てることで、症状の改善を図るものです。
これはラング先生が開発したもので、とても画期的な施術法です。

これだけである程度花粉やアレルギーに対して効果が期待できるのですが、さらに効果を増すために心身条件反射療法を用いて脳でアレルギーを引き起こしているパターンを見つけ、改善するものです。

厳密にいうと脳の誤作動を改善していきます。

 

わかりやすく例えるとパブロフの犬のようにご飯を見るだけでよだれが出る・テレビで花粉が飛んでる映像だけでくしゃみが出るなどの症状を改善していくものです。

人は奥深い無意識に反応してあらゆる症状を出しているのでそれを改善させる素晴らしい施術法です。

著者 Writer

著者画像
小窪 一二晴(こくぼ かずはる)
1980年2月22日生まれ
O型
趣味は治療の勉強
ゴルフ
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:Haru整骨院
住所〒196-0032 東京都昭島市郷地町1-6-19 石田ビル1階
最寄:青梅線 西立川駅から徒歩10分
駐車場:駐車場あり(2台分)
                                 
受付時間
9:00〜
13:00
-
15:00〜
20:00
- -
●定休日:日曜、水曜日13:00〜(祝日は営業しています)
交通事故施療の場合は事前予約により21:00まで