肩こりでお悩みの方へ

肩こりによくある症状

  • 何年もの間
    肩こりに
    悩まされている

  • 肩が凝った状態
    が当たり前に
    なっている

  • 肩以外にも
    背中や首まで
    痛んでいる

  • 肩こりのせいで
    仕事に
    集中できない

「つらい肩こり」を放置していませんか?

肩こりに悩まされて、日常的につらい思いをしている方は少なくありません。

 

そして肩こりはよくある症状でもあるため、

重要視せずにそのままにしてしまっている方も多いものです。

 

そのため、気が付くと「もう何年も肩こりに悩んでいた」

といった経験をされている方は珍しくありません。

 

そして肩こりの悩みを持つ方は、肩のコリ以外にも

「首の痛み」や「背中のコリ」といった、

他の部位にも痛みや違和感を感じている方が多いものです。

 

あなたもそんなつらい肩こりにお悩みではありませんか?

肩こりの症状や原因・対処方法などについて、少し詳しくみていきましょう。

肩こりでお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

肩こりになってしまう原因ってあるの?

「肩こり」と一言で表現しても、その原因や症状の現れ方はその方によってさまざまです。

肩こりに悩まされているという方は、改善に向けてまずは「原因と症状」について正しく知ることから始めてみましょう。

 

 

◆肩こりの原因と関連する症状

肩こりが起こってしまうのには原因があるといわれています。

そもそも、「日本人に肩こりが多い」と言われている理由をご存知でしょうか。
日本人は欧米人などに比べて「頭が大きいのに肩や首の骨格が小さい」という、特徴的な身体の造りをしています。
そのため日本人は、頭の重さを支えている「肩」に、負担がかかりやすい傾向にあるといわれているのです。

肩こりの原因となる動作や習慣というもことも存在します。
以下に具体的な例をご紹介していきます。

 

・長い時間同じ姿勢を取り続けること

私たちは日常生活を送る上で、パソコンを使用したりスマートフォンを使用したりすることは「当たり前」のようになってきました。
それに伴い「デスクワークをする時間が長い」という方も増加しているといえるでしょう。
こういった「長時間の同一姿勢」や悪い姿勢は、肩こりの大きな原因の1つといわれているのです。

長い時間同じ姿勢を取り続けると、無意識のうちに悪い姿勢になってしまうことが多いものです。

特にデスクワークやスマートフォンを操作する姿勢は、肩や首への負担がかかりやすい格好の1つ。
そのためこういった姿勢が習慣化することで、「肩・首・背中」といった各部分の筋肉が緊張しやすくなってしまいます。
そのため、首や肩だけでなく背中の方まで痛みが出てしまうといった症状がみられることは多くあります。

 

・眼精疲労

上述のようにデスクワークやスマートフォンの使用は、私たちの生活においてごく一般的なものとなっています。
ですがパソコンのモニターやスマートフォンの画面を長時間見続けることによって、肩こりが引き起こされているケースも少なくありません。

小さな文字や画面からの光を見続ければ、その分目の周辺にある筋肉への負担も大きくなってしまうことが多くあります。

目の周囲の筋肉が凝ってしまうことにより、首・肩の周囲にある筋肉へも負担がかかっていくことで肩こりの原因となるのです。

肩の痛み以外にも、目の奥や頭が痛むといった症状がみられることもあります。

 

・血流が悪いと肩こりになりやすい

血行不良も肩こりの原因になり得るといわれています。
さらに血流に関連して「高血圧」「低血圧」を持っている方も、比較的肩こりを感じやすいといわれています。
高血圧・低血圧がある方は、その方によって頭痛・めまいなど多岐にわたる症状を感じられていることが多いものです。
それに加えて肩こりにも悩んでいる、という方も意外にいらっしゃります。

高血圧・低血圧と肩こりの関係性については、実は未だに詳細は解明されていません。
ですが高血圧や低血圧にお悩みの方で、肩こりの症状を訴える方も多く居らっしゃるのは事実です。
そのため一説では、肩こりと血流はなにかしらの関連があるのではないか?と言う考え方もあります。

 

肩こりを予防する方法や、対処法はあるの?

肩こりの対処法や予防法といえば、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか。

なかには「肩のマッサージ」や「ストレッチ」を取り入れられている方もいらっしゃるでしょう。

その他にもいくつかの予防法・対処法についてご紹介しますので、ぜひ参考にされてみてください。

 

【肩こり改善方法】

・普段の姿勢から改善をしましょう

肩こりを予防・改善するためには「姿勢の改善」は基本ともいえるでしょう。
姿勢を正すというのは、意外に難しいと感じられる方も多いものです。
ですが日ごろから姿勢の改善を意識することで、肩こりの改善を一層期待できるでしょう。

たとえば、デスクワークの際の座り方1つでも工夫できることがあります。

・モニターは目線の高さに設置し、目線をまっすぐにする
・深く腰掛けて、骨盤を立てて座る
・両足の裏はしっかりと床につける
・太ももと床は平行に保つ

 

このようなポイントを意識することも、1つの方法です。

 

・生活に運動を取り入れる

適度な運動を行うことで血流が促進され、効果的に疲労物質が流れることで痛みの改善に繋がります。

・買い物に行く際に少し遠回りし、ウォーキングを取り入れてみる
・デスクワークの合間に、5分ほどゆっくり首や肩を回す

このような簡単な運動を行うことが良いでしょう。
軽い運動を習慣化し、継続することがより効果的といえます。

 

・目の疲れに配慮する

肩こりは眼精疲労が関連していることもあるとお伝えしました。
そのため目の疲れを溜めないように配慮することも、肩こりの解消につながるといえます。

具体的には…

・ホットタオルで目を暖める
・仕事中やスマートフォンの操作時に、1時間に1度など時間を決めて目を休息させる

といった方法を取り入れることも良いでしょう。

 

・低血圧の方の場合

低血圧がある方は、血流の悪さによる手足の冷えや肩こりを感じることもあるでしょう。
そのため、

・入浴の際はなるべくシャワーだけで済ませずお湯に浸かる
・ホットタオルで肩を暖める

など、全身を暖めることも改善法のひとつといえます。

 

・高血圧の方の場合

血圧が上がる理由は人によって違い、さまざまなもことが存在します。
その中で「ストレス」が血圧上昇の原因となっている場合も多くみられます。
そのため、できるかぎりストレスを溜めないためにも、「自分のストレス解消法」を身に着けておくことも大切といえるでしょう。

 

Haru整骨院【肩こり】アプローチ法

肩こりはさまざまな原因によって起こるため、どの部位が原因となっているのかしっかりとチェックを行っていきますが、特に身体のバランスを重視しています。

バランスとは肩の高さや骨盤の傾斜、そして首がストレートネック(首が真っすぐ)になっていないか、といった箇所を確認していきます。

多くは筋肉のゆがみが原因となっていることが多くあり、それらのバランスを崩しているケースがあります。

まずはそれらを揃えるための施術に入ります。

アクティベーターによる骨格矯正を施し、筋膜リリースによってバランスを整えます。

その後、肩こりの原因となっていいる一番の問題部位にオステオパシーを施します。

肩こりだからといって肩に原因がある分けではなく、離れたところに原因ある場合もあります。

例えば、腰に原因がある場合もあります。
それは腰椎のカーブが変わり首のカーブにも影響していることが多いためです。

その他に、内臓の不調が原因で肩こりになっているケースもあります。
その場合には内臓の矯正も施します。

ただ痛い部位にマッサージしていても芝生の上の草を刈っているに過ぎません。

オステオパシーの矯正は草の根っこ(根本)から変えていく施術法です。

オステオパシーの施術はとてもソフトで心地よく受けれます。
心地よく、寝てしまう方も多くいらっしゃいます。

その方の状態にあわせた神経学を用いた簡単なセルフケアをアドバイスさせていただき、日常的にも改善・予防できるようサポートさせていただきます。

著者 Writer

著者画像
小窪 一二晴(こくぼ かずはる)
1980年2月22日生まれ
O型
趣味は治療の勉強
ゴルフ
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:Haru整骨院
住所〒196-0032 東京都昭島市郷地町1-6-19 石田ビル1階
最寄:青梅線 西立川駅から徒歩10分
駐車場:駐車場あり(2台分)
                                 
受付時間
9:00〜
13:00
-
15:00〜
20:00
- -
●定休日:日曜、水曜日13:00〜(祝日は営業しています)
交通事故施療の場合は事前予約により21:00まで